よくあるご質問

どのような用途の製品を作っていますか?
主に配管用のステンレス鋼製突合せ溶接式管継手で、アルミニウム合金や炭素鋼製も一部製造しています。その製品は、飲料・食品・医薬・化学・製紙・造船などの各産業の工場・プラント内の配管設備や施設に広く利用されています。
ステンレスの特長は?
“STAINLESS”を英和辞典で調べると「さびない、汚れのない」等があるが、実際には“さびにくい”鉄を主成分とする合金です。
他の金属材料と比較した場合の特長は?
アルミニウムや銅と比べて硬くて強度が高く、低温から高温まで使用可能な温度範囲が広いのと、光沢のある表面仕上げも可能です。
ステンレスの鋼種は?
当社で製造するステンレスの鋼種は、ほとんどがオーステナイト系で、最も一般的なものはSUS 304(18%クロム、8%ニッケル)で、他にSUS 304L、SUS 316、SUS 316Lの4種類が、生産数量のほとんどを占めます。
材料による種類分けは?
材料に溶接鋼管又は鋼板を使用した場合の記号は、継ぎ目なしのJIS B 2312に準じていますが、鋼種 SUS 304、SUS 304L、SUS 316、SUS 316Lの記号の最後に、W(Weldの略)を付け、“継ぎ目あり”を示しています。
ステンレスはさびることはないのですか?
鉄鋼材料や鉄製設備・工具等との直接接触により、ステンレス表面に主として鉄粉が付着してそれがさびるため、“もらいさび”という現象が生じることはあります。
突合せ溶接式管継手とはどのような継手ですか?
鋼管と突合せて溶接する接続形式の管継手です。ねじ込み式やフランジ式と違い,溶接による固定式で取り外しを前提としていません。
径の呼びにある“A”と“B”とは?
“A”はA呼称といいmmを基準とした呼び方で、“B”はB呼称といいinchを基準とした呼び方です。 なお、4B以上は、B呼称×25=A呼称が成り立ちます。
(例 4Bの場合 B×25=100A)
管継手の種類とその用途は?
管継手の種類 機能
エルボ 流体の方向転換
T 流体の分岐又は集合
レジューサ 管径の異なるものとの接続
キャップ 管の末端の閉鎖
スタブエンド 管の接続
管継手の種類